記事の一覧

山道を舞う、イシガケチョウ

現在、白谷雲水峡入口付近ではひらひらと舞う白い蝶がよく見られます。
この蝶はその模様からイシガケチョウ(石崖蝶)またはイシガキチョウ(石垣蝶)と呼ばれています。
普通の蝶はとまる際に翅をたたむことが多いのですが、このイシガケチョウはとまった時でも翅をあまりたたまないので、その美しい模様をじっくり観察することができます。

isigaketyou 


山の散策時には頭上にもご注意ください

連日の雨と風による影響で白谷雲水峡にある二代大杉手前の沢付近に太さ65cmほどの落木がありました。
通行人のいない時であった為ケガなどの事故はありませんでしたが、自然の持つ恐ろしい側面を再認識致しました。
 屋久島自然休養林では森林の自然な状態をできるだけ保持するよう整備しておりますので、滑落・転倒・枯れ枝の落下などの危険があります。
頭上や足下には十分に御注意して散策して下さい。 

rakuboku1

rakuboku2

rakuboku3

(ヒトツバなどの着生が見られます)


!!熱帯低気圧が接近中!!

熱帯低気圧が接近中です。

大雨警報(土砂災害)発令中(08:40現在)、陸上 最大風速18メートルの警戒情報が出されています。十分注意してください。


!!台風が接近中です!!

台風が接近中です。枯れ枝の落下や落石、増水等の危険が通常時に増して予想されます。台風情報には十分注意してください。




白谷川を望む、さつき吊橋からの景色

梅雨に入り白谷雲水峡では連日雨が続いています。
普段はもの静かな白谷川も増水し、激しい一面を見せてくれます。
さつき吊橋からはその白谷川とヒメシャラやヤマグルマなどの多種多様な植物を観察することができます。
現在はサツキやヤマボウシの花も見ることができます。

satukituribasi

(写真右側の白い花がヤマボウシ、岩に這うように咲いている赤い花がサツキです)