記事の一覧

長い尾羽が特徴的な、キセキレイ

本日午後1:00現在の白谷雲水峡の気温は約26℃で、天候は晴れですが時々にわか雨が降ったりもしています。

白谷雲水峡の沢付近には様々な動植物たちが生息しています。
現在ではキセキレイと呼ばれる野鳥がエサを探しに来ている様子が見られます。
尾羽が長くスマートなその姿はセキレイ(背がすらっとして綺麗)の名の由来になっています。

キセキレイ1

キセキレイ2

キセキレイ3
(夏は山間部で見られますが、冬には町の方に下りてきます)


清流に住む昆虫、ヤクシマトゲオトンボ

本日午後2:00現在の白谷雲水峡の気温は約29℃で天候は快晴、非常に暑い一日となっています。

夏らしい暑い日が続いていますが、沢付近の日陰では自然のクーラーが作り出す、ひんやりとした澄んだ空気が登山の疲れを癒してくれます。
また、そのような沢を住処にしている昆虫もおり、ヤクシマトゲオトンボもその一つです。
あまり長い距離を飛ばないため、ふわふわとゆっくり飛んでは休憩している姿が見られます。
時には人の肩や服の上に止まる事もあるので、休憩時にはよく観察してみるのも良いかもしれません。

ヤクシマトゲオトンボ1

ヤクシマトゲオトンボ2

ヤクシマトゲオトンボ3
(大きさは約2~3cmほどで正面から見ると可愛らしい顔をしています) 


森の中に黄色い羽毛がよく映える、キビタキ

本日午後1:00現在の白谷雲水峡の気温は約27℃で天候は曇り、風も吹き始め雲も濃くなってきましたので一雨降るかもしれません。雨具を忘れずに携行して下さい。

白谷雲水峡の夏を代表する野鳥の一つにキビタキが挙げられます。
夏の暑い中でも、森の中を元気よく飛んでいる姿が見られます。
鳴き方が非常に豊富で「ヒッ、ヒッ」と短く鳴く事もあれば、「ヒロロロ・・・」 と鳴く事もあります。
森の緑の中では黄色い羽毛はよく映えるので、注意深く観察すれば枝で一休みしているキビタキを見つけられるかもしれません。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3
(背中には黄色と白の模様があり、細身の体と相まって凛々しい印象です。) 


※重要※ 荒天時の取扱のお知らせ

白谷雲水峡とヤクスギランドは、荒天時における取扱を次のとおりとしますので、皆様のご協力をお願いします。

今回、洪水 と 暴風  が追加されました。

荒天時の取扱のお知らせ


白谷雲水峡管理棟に珍客現る

本日午前11:00現在の白谷雲水峡の気温は約26℃、天候は朝方の快晴が嘘のように曇り始め、今にも降りだしそうな曇り空となっています。

白谷雲水峡で見られる哺乳類といえばサル・シカが大半で、それ以外の哺乳動物についてはあまり見る機会がありません。
その貴重な哺乳動物の一つであるコイタチが白谷雲水峡管理棟の物置小屋に入り込み、その可愛らしい姿を私達の前に見せてくれました。
運がよければ山中でも出会うことがありますので、散策の際にはよく探してみてください。

コイタチ1

コイタチ2

コイタチ3
(俊敏な動きで小屋の中を駆け回った後、わずかな隙間から逃げて行きました)