記事の一覧

幻想の森の眠り姫、ヤクシマヒメアリドオシラン

白谷雲水峡の楠川歩道を歩いていると、深い苔に守られるように咲いている小さな白い花を見かけることがあります。
これはヤクシマヒメアリドオシランと呼ばれる植物で、花の純白と苔のエメラルドグリーンとの対比がとても美しいです。
また、準絶滅危惧種に認定されている貴重な植物なので、見かけても持ち帰らないようにお願いします。

yakusimahimearidoosiran yakusimahimearidoosiran2


山に佇む小さな命、コケトウバナ

白谷雲水峡入口にある白谷川のほとりをよく見てみると、ごく小さな白い花が咲いています。
これはコケトウバナと呼ばれるシソ科の植物で花の大きさは5mmほどしかありません。
山ではこのような小さな木々が静かに暮らしていますので、歩道の外には立ち入らないようにお願いします。

koketoubana2 koketoubana


屋久島ライオンズクラブ様、オーストラリア キャンベラ市 ベルコネンライオンズクラブ様ボランティア活動の紹介

本日、屋久島ライオンズクラブ様とオーストラリア キャンベラ市 ベルコネンライオンズクラブ様による歩道清掃のボランティア活動が行われました。
最年少の方で7歳、最年長の方で70歳、さらには遠くオーストラリアから来られた方々と歩道の掃除を行いました。
清掃後は本来の木目が甦り大変きれいになりました。ありがとうございました。

syuugousyasin

seisoutyuu

seisougo 


(株)伊藤園様・屋久島環境文化財団様ボランティア活動の紹介

夏の強い日差しの中、(株)伊藤園様と屋久島環境文化財団様による歩道清掃のボランティア活動が行われました。
炎天下での作業は大変厳しいものでしたが、怪我もなく無事終了しました。
歩道も大変きれいになりました。ありがとうございました。

boranthia1

boranthia2

boranthia3 


貴重な日中におけるヒメハルゼミの羽化

白谷雲水峡でもセミが鳴き始め、本格的な夏の到来を予感させてくれます。
現在白谷雲水峡でよく聞かれる「ジーオ、ジーオ・・・」という鳴き声の主はヒメハルゼミと呼ばれる小型のセミです。 
このセミは一匹が鳴き始めると周りのセミも同調して合唱するという習性を持っています。
通常セミの羽化は夜間に行われますが、屋久島のような暗く深い森では昼間でも羽化する個体がまれに見られます。 

himeharuzemi