記事の一覧

小さく可憐な花、モクレイシ

本日14:00の白谷雲水峡の気温は約16℃で、朝方見えていたお日様もすっかり陰り、昼からは今にも降り出しそうな曇りの天気となっています。

とても寒くなり、標高約620mにある白谷雲水峡の管理棟では、里よりも一足早くストーブが大活躍しています。
そんな寒さの中でもモクレイシが小さな白い花をつけています。
モクレイシは数も少なく、花の大きさは約5mm程度ととても小さいですが、びっしりと花をつけているので、注意深く探せば見つかるかもしれません。
やがて色鮮やかな楕円形の赤い実をつけますが、その実がレイシ=ゴーヤの種に似ている事がその名の由来とされています。

モクレイシの花1

モクレイシの花2